未来創造委員会

政策を醸成し提言を行い施策するまでが最も重要と考えます。

未来創造委員会

基本方針

本委員会は、これからの未来に向けた創造性と可能性を担う委員会となっております。コロナにとらわれず、我々にはまずなにが必要なのか、各地域にはなにが必要なのかなど、九州内 65 単会、約 3,800 名の会員の声を集約し提言してまいります。

そのためには、九州経済産業局と沖縄総合事務局の連携強化はもとより、「各県連・単会・会員の協力」が必要です。九州はひとつの声のもと、我々の未来は我々が創るという気概で、政策を醸成し提言を行い施策するまでが最も重要と考えます。

また、令和元年度に策定された、中期ビジョンの周知拡大と検証を行い、ブラッシュアップすると同時に、ビジョン策定の普及活動も展開していきます。 AfterコロナやWithコロナと言われている新時代を創意と工夫、勇気と情熱をもって、希望の星(ひかり)となるべく活動してまいります。

TOP
TOP